制度融資や日本政策金融公庫(旧国金)から創業融資を受ける為のお手伝いを致します。
事業を始めようとする方にとって、資金はいくらあっても良いと言えるでしょう。

このご時勢に、創業してすぐの人間に、とても安い金利で融資をしてくれるのが、
公的融資の創業支援融資という制度です。

「借金」というイメージで、お金を借りることに抵抗がある方がいるようですが、
それは間違いで、経営者としてやっていく為には、融資を受けることは、必ず必要になってきます。

さらに、開業して間もない頃と言うのは、当然ながら売上があがらない物です。
それで、本当に運転資金に困ったからと言って、「お金を貸してください」と言っても、誰も融資してくれません。
事業として売上も上がっていないし、融資実績もないからです。

それを、開業と同時になら、ある一定の条件さえ揃えば貸してくれると言うのです。
これは、経営者としては、必ず利用するべき制度であるといえます。

それと、一度融資を受けて、きちんと返済をしていると、それが実績となり、
次回の融資を格段に受けやすくなります。

ですから、「必要ないな」と思っても、少しでも良いですから、
創業と同時に借りておいた方が良いです。
これは、ほとんどの経営者が同じ意見だと思います。

誰でも融資を受けることは可能か

しかし、誰でも融資を受けることができるかというとそうでもありません。
銀行側が融資を実行するだけの事業内容を整え、それを事業計画書として
形にし、担当者に対してプレゼンを行わなければなりません。「会社を始めますからお金を貸してください」と言ったところで、
そう簡単にはお金を貸してはくれないのです。これは当然ですよね。

当事務所では、事業計画の練り方や、事業計画書やそれに伴う書類の作成などの
お手伝いをさせて頂いております。

当事務所でお手伝いできる事

  • 事業計画のコンサルティング
  • 事業計画書等、銀行に提出する書類作成のお手伝い

報酬額

創業融資に関するご相談 無料
事業計画書作成 融資申請額の3~10%

創業支援融資をお考えの方は、当事務所まで一度ご相談ください。

ただし、当事務所は、融資の確実性などを保証するものではありません。
あくまでも、お客様の事業計画を、「相手に伝わる形」で書類とするお手伝いをさせて頂いております。