風俗営業許可申請

風俗営業許可には、1号~5号及び特定遊興飲食店の種別があります。

また、風俗営業許可を受けるには、条件を備えている事が必要で、
どこでも、誰でも許可が受けられる訳ではありません。
特に問題となるのは、場所(立地条件)についてです。

一体どの許可が必要なの?

それぞれの、代表的な営業形態について、個別のページで解説しています。
もちろん、ここに書いている以外の営業形態についても、ご相談をお受けしています。

  • キャバクラ・ラウンジなどを出店したい方
  • ガールズバーを出店した方
  • ダーツバーを出店したい方
  • まあじゃん店 雀荘 麻雀店 を開業したい方

飲食店営業許可が必要な場合

また、風俗営業許可以外に、飲食店営業許可が必要になる場合があります。
→飲食店営業許可

深夜酒類提供飲食店の届出が必要な場合
深夜0時を過ぎても営業する場合は、風俗営業店ではなく、「深夜酒類提供飲食店」
としての届出が必要となります。
風俗営業許可と深夜酒類提供飲食店とは、兼業することはできません。
ちなみに、バー・ガールズバー・ダーツバーなどは、基本的に、
風俗営業許可ではなく、この届出が必要になります。

→深夜酒類提供飲食店届出

風俗営業許可申請報酬表

当事務所への報酬額の一覧表は下記の通りです。

営業の種類 定 義
1号営業 社交飲食店 ・ 料理店(和室)
キャバレー等(旧1号営業)、スナック、パブ、キャバクラ、ラウンジ等(旧2号営業)で客の「接待」をして客に「遊興又は飲食」させる営業
2号営業 低照度飲食店
喫茶店、バーその他設備を設けて客に「飲食」をさせる営業で、営業所内の照度を10ルクス以下として営むもの(旧5号営業)
例:カップル喫茶など
3号営業 区画席飲食店
喫茶店、バーその他設備を設けて客に「飲食」をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつその広さが5㎡以内である客席を設けて営むもの
 例:ネットカフェなど
4号営業 マージャン、パチンコその他設備を設けて客に射幸心をそそる恐れのある遊戯をさせる営業 
 例:マージャン店、パチンコ店など
5号営業
スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそる恐れのある遊技に用いることができるものを備える店舗、その他これに類する区画された施設において当該遊技施設により客に遊技をさせる(4号に該当する営業を除く)営業
 例:ゲームセンター、ダーツバーなど 

この他に、愛知県への許可申請の手数料(24,000円)が必要です。