名義変更をするには

相続手続の最後の締め括りとして、相続財産の名義変更をしなければなりません。
各種名義変更は、できるだけ早い時期に行った方が良いです。

ここでは、主な相続財産の名義変更手続の方法と必要な書類を一覧にしてみました。
ただし、全てがこの通りではなく、手続先によっては、違う書類を請求されたり、逆に不要なものがある場合もありますので、事前に手続先に確認を取ってください。


不動産(土地・家屋)

手続き 所有権移転登記
手続先 法務局(司法書士)
必要書類 登記申請書・被相続人の除籍謄本・被相続人の戸籍の附票又は除住民票・相続人全員の戸籍謄本・相続人全員の住民票写し・相続人全員の印鑑証明書・遺産分割協議書又は遺言書・固定資産税評価証明書
費用 不動産評価額の1000分の4(登録免許税)

借地・借家

手続き 契約書の名義を書き換えてもらう。
手続先 地主・家主
注意点 名義書換料や契約更新料といった名目で手数料の支払いを求めらる場合があるようですが、支払う必要はありません。支払う意思が無いことを告げても相手が聞く耳を持たない場合は、行政書士などに相談してください。

農地・山林

手続き 所有権移転登記
手続先 法務局(司法書士)
必要書類 登記申請書・被相続人の除籍謄本・被相続人の戸籍の附票又は除住民票・相続人全員の戸籍謄本・相続人全員の住民票写し・相続人全員の印鑑証明書・遺産分割協議書又は遺言書・固定資産税評価証明書
費用 不動産評価額の1000分の4(登録免許税)

自動車

手続き 移転登録
手続先 陸運局(行政書士)
必要書類 移転登録申請書・自動車検査証・被相続人の除籍謄本・相続人の戸籍謄本・遺産分割協議書または遺言書・印鑑証明書・車庫証明書・自賠責の保険証
費用 500円

電話加入権

手続き 加入権承継手続き
手続先 電話局
必要書類 電話加入承継届・被相続人の除籍謄本・相続人の戸籍謄本・相続人の印鑑証明書
費用 なし

貯金・預金

手続き 名義変更
手続先 各金融機関
必要書類 被相続人の除籍謄本・相続人全員の戸籍謄本・相続人全員の印鑑証明・遺産分割協議書または遺言書の写し・通帳・キャッシュカード・金融機関届出印
費用 なし
注意点 金融機関によっては、独自のルールを採用しているところもあり、必要な書類も金融機関によって違ってきますので、何が必要か、誰が窓口に行く必要があるのかを事前に金融機関に確認してください。

貸金債権

手続き 相続通知など
手続先 債務者
必要書類 金銭消費貸借契約書の訂正、または債務確認を取る

売掛金債権

手続き 相続通知など
手続先 債務者
必要書類 債務(残高)証明を取る

裁判上の損害賠償請求権

手続き 訴訟受継の申立
手続先 裁判所(弁護士)
必要書類 戸籍謄本(相続人)・訴訟受継の申立書
費用 なし

特許権・実用新案権・意匠権・商標権

手続き 相続による移転登録申請
手続先 特許庁
必要書類 移転登録申請書・戸籍謄本(相続人)・除籍謄本(被相続人)
費用 1件に付き3000円

生命保険金

手続き 生命保険交付申請
手続先 生命保険会社
必要書類 戸籍謄本(相続人)・除籍謄本(被相続人)・生命保険証・生命保険請求書・死亡診断書・印鑑証明書(相続人)
費用 なし

退職金

手続き 死亡退職金支払請求
手続先 会社
必要書類 戸籍謄本(相続人)・除籍謄本(被相続人)
費用 なし