相続財産の中に借金があった場合のお話を少しさせて頂きます。

相続というと、どうしてもプラスの財産を手に入れるようなイメージが強いと
思うのですが、相続というのは、亡くなった方(被相続人)の権利義務の一切を
引き継ぐという事ですので、マイナスの財産(借金や負債)があれば、
それも当然に引き継ぐ事になります。

マイナスの財産の方が明らかに多ければ、
相続放棄や限定承認という方法も考えなければならないのですが、
借金やローンはあるが、差し引きすると、トータルでプラスになる場合も多いです。

例えば、3000万円の不動産があるが、1000万円の借金があったというような場合です。

このような場合、相続人の1人が3000万円の不動産を1人で相続する代わりに
1000万円の借金も全て引き継ぐ、と言った遺産分割をされる方が少なくないのですが
これは法的にいうと、そのような効力はありません。

何故かというと、プラスの財産を誰が相続するかというのは、
遺産分割協議で相続人全員の合意があれば、誰が相続しても構わないのですが、
マイナスの財産の場合は、遺産分割によって分けることはできないとされています。

これは少し考えると分かることで、
例えば、お金持ちの長男が3000万円の不動産を相続し
借金1000万円は貧乏な次男相続するという遺産分割をしたとします。

次男は、とても1000万円なんて払えません。
最悪、自己破産でもすると言っています。
貸主は、3000万円の不動産を相続した、長男に払ってくれと話を持っていっても、
「借金は全部次男が相続したから俺は知らん」
という事がまかり通ってしまったら、とても怖くて人にお金なんて貸せませんよね。

亡くなったか方が、生きておられれば回収できた借金も
相続人に代が移り、資力の無い人に借金を押し付けて
自己破産や音信不通などになってしまったら最悪です。

このような事にならないために、マイナスの財産は
「法定相続分の割合によって相続し、遺産分割の対象とならない」
とされています。

つまり、先のようなケースでも、貸主は、
長男に対しても、法定相続分の割合で、返済を請求できることになります。

ただし、このような決まりも、相手方がOKを出せば話は別です。
ですから、借金やローンを、相続人の1人が全て引き継ぎたい場合などは
貸主に対して相談をする必要があります。
相手によってはOKしてくれる場合もあります。
(といっても、いろいろな条件を付けられるのが普通ですが)

また、住宅ローンなどは、保険に入っている場合も少なくありません。
保険金で残りのローンが帳消しになる可能性がありますので、
保険の証書を必ずチェックしてください。