相続が開始し、遺産分割になりますと、
どうしても、法定相続分を目安に分割するというケースが多いのですが、
ケースによっては、お母様などに多く相続させるという方法もあります。

例えば、相続財産が現金2000万円のみ、
相続人は、配偶者(妻)・長男・次男 
という解りやすいケースで考えてみます。

このケースで、法定相続分で分けようとすると

妻 1000万
長男 500万
次男 500万

という分割割合になります。

現金の財産なので、法定相続分で分ければ公平ともいえますが、
お母さん(妻)の立場になってみると、老後に向けて、少しでも
現金を持っておきたいという気持ちもあるかと思います。

この場合、長男さんと次男さんの気持ちや家庭の事情が許すならば、
お母さんに多く相続させるのも遺産分割の方法の1つではないしょうか。

普通の順番でいけば、子よりも親が先に亡くなる事になります。
そうすれば、今回お母さんが相続した分も、残った分については、
長男さんと次男さんが、2人で相続することになります。

ひとまず、お母さんの手元にお金を置いてあげて、
安心して老後を過ごして頂くのも1つの方法と言えるのではないでしょうか。