遺言とは
民法における遺言とは一体何なのか。
遺言の性質や種類、法的な要件など。


遺言によってできること
遺言に書いてしまえば、書いたことが何でも法的効果を持つわけではありません。
遺言によって、できる事とできない事の解説です。


遺言書の種類
遺言書には、大きく分けて3つの方式があります。
3つの方式の特性などを解説しています。


自筆証書遺言について
自分で書くタイプの遺言形式、自筆証書遺言についての解説。


公正証書遺言について
公証人の手を借りて作成する、公正証書遺言の解説。


秘密証書遺言について
遺言内容を誰にも知られずに作成できるという利点を持つ、秘密証書遺言についての解説。


遺言の取り消し
遺言は、遺言者の最終意思を反映するものですから、一度書いた遺言であっても、気が変わったら、取り消すことも訂正することも可能です。


遺言の検認と開封
公正証書遺言以外は、検認という手続きをしなければなりません。
また、封印がしてある遺言書については、家庭裁判所で手続きを受けなければなりません。


遺言の執行
遺言内容を実現する、「執行」と、遺言を執行するために選任される、「遺言執行者」についての解説。


遺言書の保管方法
遺言書を作成したものの、保管方法に困っている方へのアドバイス。


遺言が特に必要なケース
遺言書は、基本的に誰でも作成しておいた方が良いのですが、その中でも、遺言書が特に必要と思われるケースを挙げてみました。


遺言書を作成するときの注意点
遺言書を作成するときの注意点のおさらいです。