ご自分が脳死になったり死亡した場合に、
確実に臓器提供をするために作成する公正証書です。

厚生労働省の提供する、「ドナーカード」が一般的ですが、
臓器提供の意思を表示するのは、書面であれば特に
形式などについての決まりはありません。

しかし、こんなトラブルも!
ドナーカードや書面の記入ミスで臓器提供ができない。
脳死・死亡時に、ドナーカードが見つからない。
遺族が反対する

ですから、確実に臓器提供をしようとする場合は
あらかじめ家族の了承を取り付けておいて、公正証書として残しておく事が一番です。

「臓器提供の意思表示をする公正証書」を作成する事によって、下記のようなメリットが生れます。

  • 家族に高額な医療費を支払わせないで済む
  • 書面に不備がない
  • 作成の機会に、家族の了解を取り付けておく事ができる
  • 家族と話合う事によって、老後の事を話すきっかけになる

臓器提供を確実なものにしたい方は
是非一度、公正証書の導入を検討してみてください。

ご自分では副本をお持ちになり、
ご家族に、正本を預けておくなどし、「書面が見つからない」というリスクを軽減します。

臓器提供に関する公正証書作成にかかる費用

当事務所への報酬 21,000円
公証役場の手数料 11,000円
合計 32,000円

サービス内容:

  1. まずは無料相談
  2. お客様との打ち合わせ
  3. 当事務所が原案作成
  4. お客様にチェックして頂きます
  5. 当事務所が公証人と打ち合わせ
  6. お客様に同行し、公証役場で証書作成

このような内容になっております。
名古屋市内及び近郊であれば、出張費や交通費も頂いておりません。

まずはお気軽に無料相談してください。