母が多額の借金を残して亡くなりました。
借金を相続したくないのですが、どうすれば良いですか。

借金を相続したくないと言う事ですが、まず、相続を放棄することが考えられます。
相続の放棄をすると、あなたは初めから相続人にならなかった事になり、マイナスの財産も、プラスの財産も、一切引き継がない事になります。

多額の借金がる場合などで、誰も借金を相続しない場合は、相続人になり得る人間全てが相続放棄の手続をしなけれなばなりません。例え、子であるあなたが相続を放棄したとしても、他の子が借金を負うことになりますし、配偶者と子が全員相続を放棄したとしても、両親や祖父母、兄弟姉妹へと相続人の地位と共に借金が回って行く事になります。

また、プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのかが不明な場合は、限定承認という方法もあります。これは、プラスの財産の許す範囲で、マイナスの財産を清算するという方法です。