先日亡くなった父の相続財産を調査していたところ、ローン会社などに、借金があることが判明しました。
父の残した借金は、どのように処理すれば良いのでしょうか。

借金や債務などのマイナスの財産も、相続財産に含まれます。
プラスの財産を相続するならば、マイナスの財産も全て相続しなければなりません。

マイナスの財産の相続の性質は、遺産分割をしても、債権者に対しては効力がないと言う事です。

例えば、お父さんが、200万円の借金を残して亡くなられ、相続人が、妻、長男、次男の3人であった場合は、

妻 100万
長男 50万
次男 50万

の割合で、借金を相続することになります。

これを仮に、長男が借金の全部を払うという合意を相続人の間でしたとしても、債権者には対抗できないのです。
何故かというと、お金の無い人に、わざと借金を全額相続させて、プラスの財産は、他の人が相続したとなれば、債権者はたまったものではないからです。

ですから、相続人間の合意だけではなくて、債権者が承諾しなければ、法定相続分の割合に応じて、借金を負担することになります。

ただし、これはあくまでも、債権者に対抗できないというだけであって、長男が1人で借金を払う事に関しては問題がありません。ただ、債権者は、他の相続人に対して、法定相続分に沿って請求ができると言う事です。