夫の兄が亡くなりました。
夫の兄は、遠方に住んでいて、夫も、何年も連絡を取っていませんでした。
そんな中、夫の姉から、兄が死亡したという連絡がありました。
そして、相続の手続に必要だから、実印を貸せと言われました。
実印を貸すなんて絶対に許せなかったので、断るように言うと、今度は、白紙の紙を送りつけてきて、「ここに実印で署名押印してくれ」と言ってきたのです。
夫が、兄の財産はどれくらいあるかのと聞いても、「銀行預金が僅かにあるだけで、行政書士に手数料を払ったら、マイナスになるかもしれないくらいしか無い」というだけで、具体的にどれくらいあるのかという事を教えてくれません。
このような場合は、どうしたら良いのでしょうか。

相続の相談でも、この「白紙の紙に署名押印を求められた」というのはすごく多く、難しい問題となります。

財産が実はもっと沢山あって、それを独り占めしようとしてるんではないだろうか、というようなトラブルが絶えません。それはそうですよね、本当に僅かの銀行預金しかないのなら、わざわざお互いの関係に亀裂が入りかねないような、白紙の紙へ署名押印を求めるなんて事は考え辛いのです。

本当に銀行預金だけであるなら、正当な遺産分割協議書を作って、お互いに納得した上で堂々と署名押印を求めれば良い訳です。

しかし、これをしないと言う事は、何か後ろめたい事情があるのではないかと考えてしまうのが普通ですよね。

ですから、このような場合は、相手方に、遺産はどれくらいあるのか、財産目録などを出してもらう事をしてください。それでも相手方が財産を明示してこないのであれば、調停や審判に入って行く事になります。

ある程度、財産があるような状態であれば、弁護士に依頼するのも悪くないと思いますが、あなたのケースのように、どれくらい財産があるか分からないようなケースでは、弁護士費用の方が高くついてしまう可能性もありますので、家庭裁判所に相談するか、内容証明郵便で、財産の明示を求めるくらいでしょうか。

相手方も、白紙の紙への署名押印を求めてきたと言う事は、旦那さんの実印がなければ相続手続を進めることができない状態であると言う事です。安易に実印を押さずに、話し合いをされることをおすすめします。

また、知っておいてもらいたい事が、白紙の紙に押印をしてしまうと、最悪の場合、借金などの債務を負うことになってしまう場合もあると言う事です。
夫の姉は、少しの預金だからと、相続手続を終わらせてしまったとして、疎遠であったお兄さんの事ですから、後から借金や債務が出てくる事が考えられるのです。

遺産分割協議書や相続分皆無証明書に実印を押してしまうと、相続を承認したことになりますから、注意してください。

ですから、「兄さんの遺産なんていらないや」と思った時であっても、債務があるかどうかの確認をし、債務があるような場合、または不明な場合は相続を放棄する事が望ましいと言えます。