先日、夫がなくなりました。
遺言書はありませんでしたので、遺産分割協議をやらなくてはならないのですが、私と夫の間には、2人の子がおり、どちらも未成年なのです。
このような場合、私では子供達の代理人にはなれないと聞きました。
どのような手続きで遺産分割を進めていったら良いのでしょうか。

相続案件で、お母さんと未成年の子が共に相続人になるような場合は、利益相反という状態となり、お母さんは未成年の子の代理人にはなれない事になっています。

このような場合は、家庭裁判所に依頼して、特別代理人というものを選任してもらう事になります。あなたのケースでは、未成年の子が2人いるという事ですので、それぞれの子について特別代理人を選任してもらうことになります。

そして、あなたと特別代理人2人の3人で、遺産分割協議をやることになります。

特別代理人というと少し何か構えてしまうのですが、一般的には、おじいちゃんおばあちゃんや、親戚のおじさんに頼むことがほとんどです。