この前亡くなった、ある知人の遺言書の中に、僕への負担付遺贈が指定されていました。
その内容は、マンションを遺贈する変わりに、その方の奥さんに生活費として毎月20万円を支払い、身の回りの世話もしろというものでした。
とてもそのような条件は飲めませんので、この遺贈を放棄したいと考えているのですができるのでしょうか。

負担付遺贈であっても、普通の遺贈と同じように放棄することができます。
ただし、特定遺贈はいつでも放棄できますが、包括遺贈であれば、相続人と同じように、自分のために遺贈がある事を知った時から3ヶ月以内に放棄しなければなりません。

特定遺贈というのは、「~の土地」とか「~のマンション」などのように具体的にものを指定してある場合をいい、包括遺贈は、「相続財産の何分の1」などのような遺贈の仕方だと覚えて置いてください。

負担付遺贈が放棄された場合は、利益を受けるはずだったものが代わりに遺贈を受けることになりますので、このケースだと、亡くなった知人の方の奥さんがマンションを取得することになります。

また、あなたが一旦は負担付遺贈を受けたものの、その後、奥さんへの生活支援と身の回りの世話をしなかった場合、つまり、遺贈だけ受けて、義務の利用をしなかった場合ですが、相続人は、 相当の期間を定めて履行の催告を行い、 それでも履行がない場合は、 その負担付遺贈にかかる遺言の取消しを家庭裁判所に対して請求することができます。