デリヘル(無店舗型性風俗特殊営業)開業

愛知県内でデリヘルを開業する方は、是非当事務所にご相談下さい。

デリバリーヘルス(通称デリヘル)は、風営法上では、
「無店舗型性風俗特殊営業」という分類になります。
(派遣型ファッションヘルスともいいます)

現在、愛知県では、どの地域においても、事務所を構え、営業することができます。

警察関係へは、「風俗営業許可」ではなく、「届出」となっており、
キャバクラやホストクラブのような、「風俗営業許可」と比べると、
かなり条件が緩くなっています。

しかし、愛知県内では、デリヘルの営業所を設置することはできませんし、広告もできません。

営業所というのは、いわゆる案内所の事で、女の子を紹介する場所の事をいいます。

デリヘルは開業コストが少なくて済む

このような規制がありますが、箱物のソープランドやファッションヘルスと比べ、
開業コストも少なくできますし、許可(届出ですが)も、比較的取りやすいために、
最近では、性風俗で開業=デリヘル という図式が非常に高いです。

性風俗関係の営業では、間違いなく一番開業しやすいでしょう。

また、フランチャイズ契約などを募集している大手のデリヘルもあります。
フランチャイズ契約の場合、下準備や市場調査などにかかる手間が少なくなると
考えられます。

しかし、性風俗関係に限らず、フランチャイズ契約には、
落とし穴が多く存在しますし、フランチャイズ契約をして失敗した人も
少なくありませんので、契約前によく考え、契約書は穴が開くほどチェックするべきです。

契約書を読み込む自信がなければ、その場では署名押印せずに、
行政書士などの専門家に相談されることをおすすめします。

デリヘル開業にかかる費用

デリヘルの届出は、行政書士が扱っております。

デリヘル開業届出(愛知県) 84,000円~

※この他、警察への手数料が、3,400円かかります。

営業面では、事務所の保証金や家賃、広告費、求人費、ドライバーの人件費、車代などがかかります。