かなで行政書士法人

名古屋市中区の行政書士法人。

「相続の基礎知識」の記事一覧

相続とは

相続とは、ある人間の死亡(または失踪宣告)によって開始する、財産の移動や分配のことをいいます。相続人(財産を受け取る権利のある人間)となるのは、配偶者(夫・妻)と一定の血族です。

相続税について

まず始めに言っておきますと、相続税を始め、税法については、税務署や税理士に相談されることをお勧めします。税法というのは、改正が非常に多いので、税務に関するプロフェッショナルに相談した方が間違いがないです。

借金や負債の相続

一般的に相続というと、プラスの財産のイメージが強いですよね。土地や現金を相続するというイメージです。しかし、故人のプラスの財産だけ受け継いで、借金や負債は知らん顔という事はできないのです。

遺贈

遺贈には、プラス・マイナスの財産を包括する相続財産の全部または一部を遺贈する「包括遺贈」と、特定の具体的な財産を遺贈する「特定遺贈」があります。

遺留分

基本的に被相続人は遺言によって自由に自己の財産を分配することができますが、法定相続人が受け取れる最低限の割合が民法で保証されています。これを遺留分といいます。

寄与分

被相続人の生前に、療養看護をした者や事業を手伝った者に対して、相続分を多くしてあげようというのが、寄与分という制度です。

法定相続分の計算例

被相続人の子(実子・養子)がいる場合は、被相続人の子が相続人となります。子が亡くなる等して相続権を失っている場合でも、代襲相続によって、孫やひ孫も相続人になれる場合があります。